「approve」の意味と語源

「同意」や「承諾」の意味を表現したい時に使われる「approve」ですが、ビジネスシーンでは意思決定や企画の承認など自分の意志を示す場面が多く、使われる場面が非常に多いです。 この章では「approve」の基本的な意味と語源についてご紹介します。

「approve」の意味は「同意する」「承認」

「approve」は「同意する」「承認する」という意味の動詞で、後ろに目的語を置くことで使うことが出来ます。 ただし「approve」は用法が複数あり、「approve」の直後に目的語を置く場合と、前置詞の「of」を置いてから使用する場合があります。ぞれぞれでニュアンスが異なりますので、しっかり覚える必要があります。

「approve」の語源

「approve」は音節が「ap」「prove」の2つに分けられ、それぞれの音節が「ap(〜に対して)」「prove(良さを証明する)」という意味になっています。この意味からも「〜に同意する」「〜を承認する」という意味が想像できます。 またアクセントは第2音節の「prove」に付きます。

「approve」と「approve of」の違い

「approve」には直後に目的語を取る他動詞と、後ろに「of」を付けて使う自動詞としての使う2種類の用法があります。他動詞では「公的な許認可」、自動詞の場合は「良いと認める、賛成する」というニュアンスです。 ・The Diet approved the budget. (国会が予算を承認した。) ・I approve of the idea of this new business. (この新事業のアイデアに賛成です。) 1文目は国家予算という公的な承認なので前置詞を取らない他動詞を使用し、2文目は社内会議で法律などに関わらない場面なので前置詞「of」を付けた自動詞が使われています。