三毛別羆事件‎の概要

三毛別羆事件は1915年に起こりました。場所は北海道苫前郡苫前村、三毛別六線沢です。事件の内容はヒグマが複数回にわたり民家を襲撃し、開拓民7名もの人が死亡、3名が重傷を負うというものでした。 最後に熊は射殺されましたが、被害の大きさから日本史上最大規模の獣害事件とされています。

1915年北海道の三毛別で起きた熊の獣害事件

事件当時の1915年の三毛別、現在の三渓が事件の舞台です。最初にヒグマが集落に出没したのは11月で、このときヒグマを退治しようと試みましたが、銃弾はかすめただけで仕留め損ねました。 その後太田家の太田三郎さんを皮切りに次々と民家の住民が殺害されました。太田家にヒグマが出没した後、太田三郎さんの通夜でもヒグマは出現しました。 銃を放つとヒグマは驚いて逃亡しましたが、ここでも仕留め損ねています。最終的には山本兵吉さんの弾を受けヒグマは絶命しました。

巨大なエゾヒグマが民家を数回襲う

巨大なエゾヒグマが侵入した民家は全部で10軒以上です。北海道庁に熊害の情報が入り、警察の指揮のもと討伐隊が組織されました。 討伐隊は現代ではおそらく認められないような大胆な作戦を取りました。具体的には被害者の遺体を囮に使い、ヒグマをおびき寄せる作戦を取りました。 しかし結果的にこの作戦は失敗に終わり、その後も民家への侵入は続きました。最後に山本兵吉さんがヒグマを仕留めた場所は山の中でした。