1分でわかる日の里西保育園と清原こづえの暴行

日の里西保育園と清原こづえの暴行事件

  • 福岡県宗像市の認可保育所「日の里西保育園」の元副園長
  • 児童虐待や同僚保育士への傷害が原因で逮捕
  • 苦情や相談が多くあり、園での日常的な虐待が疑われた

【関連記事】教育現場で起きた教師のいじめという驚くべき事件はこちら

日の里西保育園の副園長である清原こづえの暴走

以下は「日の里西保育園」が掲げる保育理念と保育方針です。大変素晴らしい理念と方針ですが、今回の傷害事件の後にこれらを目にするとただただ虚しく映ります。 この保育園の副園長が起こした暴走はどのようなものだったのでしょうか。

「すべての子どもたちに愛情と思いやりをもって、世界に羽ばたく自立した心を育てる」「子どもたちを中心に、保護者と共に地域に根ざした保育園であり続けます」

【関連記事】児童虐待関係記事はこちら

しつけと称した児童虐待

2019年6月清原こづえは体操の指導をしていた折、園内の多目的ホールで「ブリッジ歩き」をしていた男子園児の頬を叩き、顔面打撲の傷害を負わせた容疑が持たれています。これが彼女の最初の逮捕容疑です。 また同年7月には園内のトイレでこれまた「ブリッジ歩き」が上手にできなかった男児の頭を手で押して転倒させ、床に押し倒し下唇を切るけがをさせた容疑もかかっています。 いずれも「ブリッジ歩き」をしていた園児という点で共通していますが、園児へのしつけの過程で暴力が振るわれました。

独自の教育方針

この「ブリッジ歩き」はヨコミネ式教育法を取り入れた指導であると考えられます。ヨコミネ式教育法は女子プロゴルファー横峯さくらさんの伯父横峯吉文氏が提唱した幼児教育法です。 「すべての子どもが天才である」という考え方のもとに自ら学ぼうとする力を引き出そうとする教育法です。最近ではフィギュアスケートの紀平梨香選手もヨコミネ式の卒園生です。 ヨコミネ式自体は魅力的な教育方法であり、全国に広まりつつあります。清原こづえは「日の里西保育園」の卒園生からプロのスポーツ選手を輩出させたかったか、指導を超えて虐待へと発展したようです。