約60%の票数を得た小池百合子

2020年の都知事選の投開票が7月5日に行われました。その結果、現職の小池百合子氏が59.7%の得票率で再選を果たしています。 朝日新聞の出口調査によると、小池百合子氏へは自民・公明両党の支持者の8割が小池百合子氏に投票し、また、小池百合子氏の新型コロナウイルスへの対応を有権者の65%が「評価」しており、その75%が小池氏に投票しています。 こうした自民・公明両党の支持者の獲得や新型コロナウイルスに対する対応への高い評価が約60%もの高い得票率につながったと言えます。

史上最も多い22名が立候補

この現職の小池百合子氏を打倒するために今回の東京都知事選では前回の21人を超え、過去最多の22名が立候補しています。前回の東京都知事に引き続き5名の立候補が今回の東京都知事選にも出馬していますが、小池百合子氏を除いていずれも得票率は3%未満と振るいませんでした。 また、今回立憲民主党や共産党、社民党からの支援を受けた元弁護士の宇都宮健児は小池百合子氏に続く2番目に高い得票率でしたが、それでもわずか約13%でした。 このように過去最多の立候補者が現職の小池百合子氏に挑んだものの、結局は小池百合子氏の圧勝に終わっています。

小池百合子には及ばなかった候補者たち

小池百合子氏に及ばなかった候補者には、宇都宮健児氏以外にも、野党統一候補にも挙がっていた山本太郎氏や「NHKをぶっこ壊す」という分かりやすいメッセージで参議院の議席を獲得した立花孝志氏、海外報道でも「極右」として名指しされた桜井誠氏などがいます。