WHOマイケル・ライアン氏の見解

新型コロナウィルスの感染拡大が懸念される中、2020年に東京で開催されるオリンピックの動向も問題視されています。 開催を中止するかどうかは慎重な判断が求められますが、WHOで緊急事態対応の統括を務めるマイケル・ライアン氏は、オリンピックの開催について判断する立場でないことを明確にしました。 これを受けてIOCの東京大会調整委員長を務めるジョン・コーツ氏は、WHOから中止や延期の要請を受けていないことから、開催に前向きであることを示しています。

遅くとも5月下旬までに開催の可否を決定

東京オリンピックは、2020年7月24日から8月9日までを予定していますが、遅くても5月下旬に開催の可否が決定される見込みです。オリンピックの開催可否は慎重な判断が求められますが、かつて3回中止された大会があります。中止された大会と、理由は下記をご覧ください。 その理由はいずれも戦争による中止の決定でした。

過去に中止となったオリンピック

  • 1916年:ベルリンオリンピック(第一次世界大戦)
  • 1940年:東京オリンピック(日中戦争)
  • 1944年:ロンドンオリンピック(第二次世界大戦)