「enclose」の意味は「囲う」

(画像:Unsplash

「enclose」の主な意味には、「囲う」「取り囲む」「囲い込む」があります。また、袋や封筒などに「封入する」「同封する」という意味も持っており、日常生活ではこちらの意味で使われることの方が多いです。 派生語には「取り囲む人(物)」の意味の「encloser」、「囲いをすること」「封入物」の意味の「enclosure」などがあり、こちらもよく使われる単語です。

「enclose」の語源

(画像:Unsplash

「enclose」の語源は「en」と「close」の2つに分けられ、それぞれ以下のように訳されます。 ・「en」→「囲う」 ・「close」→「閉じる」 「囲う」と「閉じる」の2つを繋げると、「囲って閉じる」になります。つまり、「(何かを)囲って閉じる」=「(何かを)入れて封じる」と考えるので、「封入する」という意味になります。 ちなみに「inclose」は「in(=中へ)」+「close(=閉じる)」で「包む」という意味に、「exclose」は「ex(=外)」+「close(=閉じる)」なので「締め出す」という意味を持ちます。

「enclose」と「surround」の違い

(画像:Unsplash

「enclose」と同じ意味で「surround」という言葉があります。どちらも同じ「囲う」という意味を持ちますが、全く同じではありません。微妙な差ですが英語では良くあるニュアンスの違いです。 それでは、「enclose」と「surround」の「囲う」の違いを1つずつ説明していきます。

encloseは隙間がない「囲う」

「enclose」は隙間なくぐるっと「囲う」という意味を表すときに使われます。 例えば、農場にいる羊を柵などでぐるっと一周囲っている場合は「enclose」を使います。 ・We all round enclose sheep by the fence.  (羊はフェンスでぐるっと囲ってあります。) これは隙間がない柵で一周囲っている状態を表現しています。all round はあってもなくても良い表現ですが、「ぐるっと囲む」を強調するために付けてあります。この羊はフェンスで隙間なく囲われているので逃げ場がないイメージです。