1分でわかる廿日市女子高生殺人事件

廿日市女子高生殺人事件の要点

  • 廿日市女子高生殺人事件は女子高生が刺殺された事件
  • 未解決のまま事件発生から14年が経過した
  • 別件捜査の対象だった容疑者が犯人として逮捕された

廿日市(はつかいち )女子高生殺人事件は、2004年10月5日、広島県廿日市市で女子高生が刺殺された事件です。 現場に残された証拠も少なく、犯人逮捕に懸賞金がかけられるなどして必死の捜査がされましたが、犯人の特定に至らず長らく未解決のままでした。 しかし、2018年に別事件で捜査対象だった容疑者のDNAと指紋が、本事件のものと一致したことで急転直下、一気に解決に至りました。

廿日市女子高生殺人事件の概要

(画像:Unsplash

2004年10月5日、事件は白昼の民家で起きました。高校2年生の女子高生が自宅に侵入してきた男に刺され死亡、駆け付けた祖母も刺され意識不明の重体になりました。 目撃した妹の証言をもとに犯人の似顔絵が公開され、懸賞金が用意されるも有力な情報は無く、事件発生から14年が経過します。 ところが、ひょんなことから事件は急展開し、2018年に犯人逮捕につながります。

2004年に女子高生が自宅で刃物で刺され殺害された事件

2004年10月5日の午後3時ごろ、高校2年の女子高生の被害者(当時17歳)は、自宅の離れで休んでいたところを犯人に襲われてしまいます。その日は期末試験のため下校時間は普段より早かったのです。 犯人は土足のまま被害者の部屋がある2階に上がり込み、逃げようとした被害者を1階の階段付近で殺害したとみられています。被害者の首や胸、腹には合計10か所近く刺し傷があり、犯人の凶悪性が感じられます。

女子高生の祖母も数カ所を刺される

犯行当時、自宅には女子高生のほかに小学6年生の妹と祖母がいて、女子高生の悲鳴を聞いて2人は駆けつけ、犯人の男性と鉢合わせします。 妹は走って近所に助けを求めますが、祖母は数カ所刺され、一時意識不明の重体となりました。その後、祖母は無事意識を取り戻しますが、妹も祖母も「犯人は面識のない男だった」と証言します。 現場には、犯人のスニーカーの跡と、指紋、DNAといった証拠が検出されていました。