ドイツ銀行の破綻の危機

ドイツ銀行は、世界各国で金融サービス全般を取り扱う、ヨーロッパを代表する金融機関のひとつです。 そのドイツ銀行に、不吉なニュースが流れています。下げ止まらない株価を見て、近く破綻するのではないかとの噂です。イギリスのEU離脱問題がくすぶる中で、ドイツ銀行の現状と今後を検証します。

ドイツ銀行の株価は2015年ごろから下落を続けている

ドイツ銀行の株価は、2015年1月に30ユーロ前後で推移していましたが、現在(2019年11月中旬)7ユーロ前後にまで下がっています。実に75%以上も下落した計算です。 企業の総資産から借金を引いたものを純資産と呼びます。借金を返してもお金が残れば、基本的に会社は潰れません。そのため、この純資産と株価を比較して企業の安全度を測ります。 しかし、隠れた借金があるのかと思えるほどにドイツ銀行の株価に伴う時価総額は、ドイツ銀行の純資産の価値より下落しています。

世界中でリストラが行われている

ドイツ銀行は2018年に4年ぶりの黒字を計上しますが、2019年4月以降は再び赤字に転落します。それを受けて、2019年7月には全行員の2割に当たる1万8000人のリストラを発表しました。 まずメスを入れたのは、収益力の落ちた株式取引部門です。主に株式トレーダーがその対象です。発表の翌日から、シドニー、香港、ロンドン、ニューヨークでリストラを告げられた社員が、早々とオフィスを去っています。 株式部門の収益は各社とも頭打ちであるため、トレーダー職の人々にとっては再就職も難しい状況であると言えます。

ドイツ銀行の業績悪化の原因

ドイツ銀行に限らず、世界中の銀行はビジネスモデルの転換を迫られています。 各国ともに低金利政策を続けており、融資で稼ぐ旧来のビジネスでは収益を得られなくなったからです。 そんな中でドイツ銀行は、CDSといったデリバティブ取引に新たな収益源を求めます。また、不正問題や巨額の罰金も予想外でした。では、詳細を見ていきましょう。