1分でわかる山口真帆暴行事件

山口真帆暴行事件

  • NGT48メンバー(当時)の山口真帆さんが自宅前で暴行された
  • 事件発覚後の運営会社AKSの対応に批判が殺到
  • 山口真帆はNGT48から卒業、AKSは迷走を続けている

2018年末にNGT48メンバー山口真帆さんが暴行されるという事件が起きました。事件は1ヶ月後、山口真帆さんの暴露で発覚し、事後対応の悪さでAKSは批判を受けるようになります。 事件をきっかけとした一連の騒動でNGT48の活動が制限され、山口真帆さんは別の事務所へ移籍しました。AKSは現在、遅きに失した対策と事件の犯人へ民事訴訟を行っている最中です。

2018年に当時NGT48所属の山口真帆さんが自宅で暴行を受けた

この事件が起きたのは2018年12月8日の午後9時ごろでした。 公演の終わった山口真帆さんが自宅マンションに帰宅した時、2人組の男に襲われました。男2人のうち1人は山口真帆さん宅の向かい側に部屋を借りており、帰宅の隙を見計らって2人がかりで山口真帆さんを捕まえようとしたそうです。 山口真帆さんは2人から顔や口を掴まれたり、地面に押し倒されるなどされました。山口真帆さんは事件と無関係の男性がたまたまエレベーターを降りてきたことで解放されました。

犯人は逮捕されるも不起訴で釈放

事件の翌日、9日に2人組の男は新潟県警に暴行容疑で逮捕されました。その後、新潟地検は不起訴処分で2人を釈放しています。 不起訴に至った取り調べの詳しい経過は明らかにされていません。おそらく山口真帆さんに怪我がなかったことから、傷害罪よりも軽い暴行罪扱いとなったのでしょう。 検察は事件の程度や犯人の経歴などから起訴を検討します。今回のケースではケガが比較的軽度であったために悪質さが低いと判断され、不起訴となったのかも知れません。