有象無象(うぞうむぞう)の二つの意味や「森羅万象」「烏合の衆」との違いなど紹介!

ビジネス用語

2019年4月26日

「有象無象」という言葉を聞いたことはありますか。類義語には「森羅万象」や「烏合の衆」などがあるのですが、どれも聞いたことはあっても正確な意味までは知らない言葉かもしれません。本記事では「有象無象」の意味や使い方、類義語との違いについて詳しく説明します。

「有象無象」(うぞうむぞう)の要点

  • 意味:「つまらない多くの人々」「形を持つもの、持たないもの全て」
  • 由来:「仏教用語の『有相無相』」
  • 例文:「やってみもせずにはじめから諦める人ばかりで、そこにいる人は有象無象だった。」
  • 類語:「烏合の衆(うごうのしゅう)」「森羅万象(しんらばんしょう)」
  • 英語:「the riffraff」「all things in the universe」

有象無象の読み方は「うぞうむぞう」

有象無象の読み方

この記事では「有象無象」の正しい意味や使い方を紹介していきます。まず正しい読みを確認しましょう。 「有象無象」の正しい読み方は「うぞうむぞう」です。「ゆうぞうむぞう」、「ゆうしょうむしょう」のように読む方がたまにいますが、どちらも間違いです。初めて「有象無象」という字を見る方は読み方を迷いがちですが、簡単な読み方なのでしっかりと覚えておきましょう。

有象無象の意味①「つまらない多くの人々」

つまらない多くの人々

「有象無象」の1つ目の意味は「つまらない多くの人々」という意味です。一般的に「有象無象」が使われる時はこの意味であることがほとんどです。 先述した通り、使い方や例文・類語・英語表現まで紹介していきます。紹介した意味を確認しながら読み進めてください。

「つまらない多くの人々」の意味の「有象無象」の使い方と例文

まずは、「つまらない多くの人々」の意味で「有象無象」を使う場合の例文を見てみましょう。

例文

  • やってみもせずにはじめから諦める人ばかりで、そこにいる人は有象無象だった。

「有象無象」は「取るに足らない人」「つまらない人」がたくさんいる時に使われる表現です。「やってみず諦める人」はつまらないので、「有象無象」と表されています。

「つまらない多くの人々」の意味の「有象無象」の類語は「烏合の衆」

「つまらない人々」という意味の場合の類語は、「烏合の衆(うごうのしゅう)」となります。

例文

  • 組織は共通目的や明確な理念が無くなった途端、烏合の衆になる可能性がある。

「烏合の衆」は、「規律や規則性なく集まっているだけの人々」という意味で、「つまらない人」が集まるわけではありません。「秩序や統制のない集団」か「つまらない人たち」かで区別をしましょう。

「つまらない多くの人々」の意味の「有象無象」の英語は「the riffraff」

「つまらない多くの人々」という意味の場合の英語は「the riffraff(リフラフ)」です。

Sound Listen the english sentence

Making effort is the only way to get out of the riffraff.

努力することは、有象無象から抜け出すための唯一の手段だ。

「riffraff」は「取るにならない連中」「有象無象」という意味なので、訳がぴったり当てはまります。

有象無象の意味②「形をもつもの、持たないもの全て」

形をもつもの、持たないもの全て」

「有象無象」の2つ目の意味は「形を持つもの、持たないもの全て」です。この意味は使われている漢字からイメージできますが、一般的には使われません。 こちらも使い方や例文・類語・英語表現まで紹介していきます。例文で使い方も確認していきましょう。

「形を持つもの、持たないもの全て」の意味の「有象無象」の使い方と例文

「形を持つもの、持たないもの全て」という意味の場合の例文を見てみましょう。

例文

  • プロジェクト進行の有象無象の障害が多い。

「形を持つもの、持たないもの全て」は、つまり「目に見えるものと見えないもの」であり、「人が認知できるもの両方」という意味になります。例文では「形を持つもの(地理的条件や仕事をする環境など)」と「目に見えないもの(心理状況など)」の障害が多すぎると言っています。

「形を持つもの、持たないもの全て」の意味の「有象無象」の類語は「森羅万象」

「形を持つもの、持たないもの全て」という意味の類語は、「森羅万象」です。

例文

  • 優秀な経営者とは言え、森羅万象に精通しているわけではない。

「森羅万象」の意味は「この世に存在するすべての物事」という意味です。つまり「形あるものと無いもの両方」という意味ではないので、この点で「有象無象」とは意味が異なります。「この世に存在するすべて」か「かたちあるもの・無いもの両方」なのかで使い分けましょう。

「形を持つもの、持たないもの全て」の意味の「有象無象」の英語は「all things in the universe」

「形を持つもの、持たないもの全て」の場合の英語は、「all things in the universe」です。

Sound Listen the english sentence

It is impossible to know all things in the universe in the world.

森羅万象すべてを知るのは不可能だ。

「universe」が「世界」という意味なので、直訳すれば「世界のすべての物事」という意味になります。

有象無象の語源は「有相無相」

有象無象の語源

「有象無象」の語源は、仏教用語の「有相無相」です。仏教用語では「相」とは「形あるもの」のことを言います。仏教用語では「有相」とは「目に見える現象」で、「無相」は「現象の中にあるものごとの本質」という意味です。 「相」から「形あるもの」という意味がイメージしづらいものから「像」という漢字が当てられ、そこから更に表記を簡素化するために「象」という字が当てられるようになったとされています。

まとめ

まとめ

「有象無象」は「形あるものと無いもの両方」という意味でした。「森羅万象」この世のもの全てという意味で、ややニュアンスが異なるので正しい使い分けが必要です。 意味は難しくなく簡単に使いこなせるようになる言葉なので、この記事で紹介した内容をぜひ覚えておいてください。


関連記事