保健当局の発表で判明

今やアメリカは新型コロナウィルス感染拡大の中心地になってしまいました。4月9日時点で感染者は45万人に迫る勢いで、死亡者も1万5千人近くになっています。 アメリカの一部州の保健当局では人種別のコロナウィルスによる死亡者の統計を公表しています。それによると人種による差が明らかになっており、基本的に黒人などのマイノリティ層の死亡割合が人口構成の割に高くなっています。

死者も黒人の比率が高い

ニューヨーク市の発表では亡くなった人の中でヒスパニック層が34%と人口に占める割合の29%より高く、黒人層も28%と人口比の22%より高くなっています。 それに比べて白人層の死亡者割合は27%で人口比の32%より低く、アジア系に至っては7%と人口比14%の半分程度です。アメリカ中西部や南部においてはこの傾向が一層著しく、ルイジアナ州では黒人は人口の32%ですが、新型コロナウイルスで死亡した人の70%を占めるという状態です。

背景には黒人の地位が影響か

人種差別が大きな社会問題化して久しいアメリカにおいて、なぜ未だにこのようなことが起こっているのでしょうか。トランプアメリカ大統領なども「全く聞き捨てならない。なぜこのようなことが起こっているのか解明していく。」と語っています。アメリカにおける人種差別の深層に切り込みます。