失業保険とは

失業保険とは企業の倒産や契約満了、辞職等で会社を離職したときに保険申請者に一定期間お金が支払われる制度です。正式名称は「雇用保険制度」で、雇用保険料を納め雇用保険の被保険者であった人が主に受け取れます。 もし仕事を辞めた後に収入が0だと焦りや心配のせいで落ち着いて就職活動できません。失業保険はそんな失業者の生活を保護し、安心して仕事を探してもらうために支給されます。

失業保険をもらうには

離職中にまとまった金額が振り込まれる失業保険ですが、支給条件があったり自己手続きが必要だったりと「無条件で誰でも」は受け取れません。ただしそこまで厳しい審査基準や複雑なやり取りはないので、比較的簡単に申請できます。 では失業保険をもらうにはどのような条件クリアすればよいのでしょうか。

雇用保険の被保険期間の確認

失業保険を受け取るには「退職日以前の2年間に雇用保険の被保健期間が通算12ヶ月以上あること」を満たさなければなりません。あくまで通算なので過去の2年間で7ヶ月勤務、無職1ヶ月、別会社で5ヶ月以上勤務、という隔日でも条件はクリアできます。 ただし会社の倒産やリストラなどで失業した特定受給資格者、病気や配偶者の転勤などで離職した特定理由離職者に当てはまる場合は、「退職日以前の1年間に、被保険者期間が6ヶ月以上」になります。