「intermediate」とは

(画像:Unsplash

「intermediate」はレベルを表す時によく使われる英単語で、海外のスクール選びなどで目にする表現です。「intermediate」がどの程度のレベルを指すのかを理解しておくと、何かを選択する際に困ることがありません。 まずは、「intermediate」の読み方と意味、語源から見ていきましょう。

「intermediate」の読み方は「インターミディエイツ」

「intermediate」は「インターミディエイト(ìnṭɚmíːdiət)」と発音します。アクセントは「ミ(mí)」の部分に置かれます。 「intermediate」の他にも「国際的な」という意味の「international」や「通訳する」という意味の「interpret」など「inter」から始まる単語がありますが、「inter」は接頭辞なので「inter」以降にアクセントがあるのが通常だということを覚えておきましょう。 ただし、「internet」は例外的に「inter」にアクセントがあります。

「intermediate」の意味は「中間の」

「intermediate」の意味は「中間の」です。 レベルを表したり、位置を表すための形容詞として使われることが一般的ですが、名詞で「中間物」、動詞で「仲立ちをする」「仲介する」という使い方をすることもあります。 いずれにしても、「間に立っている」というイメージを持っていると「intermediate」は文脈に沿ってうまく和訳することができるので、まずは基本的な「中間の」という意味を押さえておきましょう。この「中間の」という意味は語源とも深く関わっているので、次の見出しで詳しく説明します。

「intermediate」の語源

「intermediate」の語源は、接頭辞の「inter」と語根の「medi」、接尾辞の「ate」から成っています。 「inter」は「間の」を意味し、「medi」は「middle」、つまり「中間の」という意味です。接尾辞の「ate」は「~する」という意味なので、「intermediate」で「中間(の状態)にする」ということを表しています。 前の見出しで例に挙げた「international」や「interpret」も「inter」による「間の」という接頭辞が意味に反映されているので、一度確認してみてください。