「commit」とは

日本語でもビジネス上の会話で「コミットする」とよく言ったり、最近では「commit」という英単語が身近になってきました。しかし、なんとなくの意味はわかっても正確な使い方まではわからない人が多いかもしれません。 ここでは「commit」の使い方を解説していきます。まずは意味と語源から見ていきましょう。

「commit」の意味は「〜を犯す」「〜に取り組む」「〜を約束する」

「commit」の意味は「~を犯す」「~に取り組む」「~を約束する」です。「委託する」「引き渡す」というように和訳することもあります。詳しくは次の語源の見出しで解説しますが、「(力などのエネルギーを)送り出す」というイメージです。 ビジネス上で「コミットする」という時には「責任を持って積極的に取り組む」という意味です。「全責任を負う」「約束する」という意味で使用され、英語の「commit」とほぼ同じ使い方をします。

「commit」の語源

「commit」は接頭辞「com」と語根「mit」に分けることができます。「com」は「一緒に」「一斉に」という意味を、「mit」は「送る」という意味を持っています。つまり、「commit」が本来持つ言葉のイメージは「何かを一斉に送り出す」ということです。 この語源から「責任や力を送る」、つまり「取り組む」となります。しかし、ただ取り組むだけでなく「責任を持つ」というニュアンスによって「(結果を)約束する」などという訳があてられています。

「commit」の名詞は「commitment」

「commit」は動詞で、名詞として使用する場合は「commitment」となります。基本的には「commit」をそのまま名詞化した意味を持つと覚えておきましょう。 「約束」「言質」という「責任や証拠が伴うもの」という意味や「責任」そのものを指す言葉として使われたり、「commit」の「一斉に送り出す」イメージから「委託」「引き渡し」、また犯罪関連では「投獄」「拘留」という意味でも使用されます。