無理して嫌いな人と付き合おうとしていない?

2人以上の人間が集まれば、価値観の違いが生まれることは当然のことです。好き嫌いの感情は愛を誓った夫婦ですら起こるもので、ましてや会社や友人関係であれば「嫌いな人」がいて当然です。 そんな「嫌いな人」のせいで苦しんでいませんか。真面目で誠実な人ほど「嫌いな人」とも上手くやらないとと頑張ってしまいストレスを抱えてしまうものです。 今回はそんな「嫌いな人」に苦しんでいる方々に対処法やアドバイスを紹介します。

【関連記事】職場の人間関係にストレスを感じるあなたはこちら

ストレスを抱えず距離を置く5つの対処法

はじめに、「嫌いな人」に対して少しでもストレスを抱えずに済む対処法を5つ紹介します。 職場の状況や関係性によっては難しいという人もいるかもしれませんが、少しでもストレスを軽減させるための方法です。紹介する対処法を、ちょっと試して苦痛を和らげよう、というような気持ちで読んでください。

【関連記事】職場の人間関係にストレスを感じる人へ

対処法①話さない

嫌いな相手からストレスを感じるのは、コミュニケーションが上手くいかない場合が大半です。 こちらの考えが伝わらない、相手が自分の話ばかりする、言い方がきつい、否定ばかりされるなど、会話が原因で嫌な思いをすることが考えられます。 完全に話さない、ということは仕事上難しいかもしれませんがあくまで仕事上の関係です。無理に相手と良い関係を作る必要はありません。最低限のマナーだけ守り、それ以外は少しでも接触を減らしましょう。

対処法②距離を置く

席が近い場合は違う場所で仕事をしたり、二人きりになりそうな場面を避けたりなど、物理的に距離を置きましょう。 「嫌いな人」の行動はつい目に入ってしまうもので、近くにいる必要以上に気になってしまうものです。相手は自分の何がダメなのか理解していないことが多く、周りを嫌な気持ちにさせる行動を平気で続けます。 そんな行動を気にながら仕事をすることはとても苦痛なことです。可能な限り距離を置いて、冷静に仕事をしましょう。