苦境に立たされる飲食店業界

厚生労働省では食品による感染事例はないと国民に呼びかけていますが風評被害はあとを絶たず、感染した顧客や従業員が確認された店舗は営業の自粛などを余儀なくされています。 店内での飲食や食品のテイクアウトなどサービスによる違いはあるものの、店舗の休業や営業時間の短縮、衛生確保によるコストなどが経営を圧迫しており、今後も倒産や事業からの撤退が増加すると思われます。 感染拡大の収束が見えない中、飲食店業界はかつてない苦境に立たされています。