「outline」の意味は「概要」

(画像:flickr

「outline」の意味は「概要」という意味です。この言葉を分解すると、「out=外の」と「line=線」になります。外の線、という言葉から「概要」や「あらすじ」といった意味を持つ英単語になりました。 ビジネスシーンで使われることが多く、特に大まかな流れを全体に共有するための社内の資料作成の際によく使われます。

「outline」と「overview」の違いは内容要約の有無

(画像:Unsplash

「outline」と「overview」の違いは本文の内容を含むか否かとなります。 「outline」の意味は本文の目次の一覧です。対して「overview」は、全体をするために本文の内容を短く要約し、相手が本文の趣旨や重要ポイントを事前に読み手に明らかにする文章を指す意味で使います。 前者は本文の内容までは含まない目次で、後者が本文の内容を含む要約となります。

「outline」の正しい使い方と例文

(画像:Unsplash

「outline」と言う言葉を使うケースとして、主に「概要」としての意味で使う時と「輪郭」の意味で使う時があります。 これらの使い分けについて詳しく解説します。

「概要」としての意味で使う時

「outline」を「概要」としての意味で使う時、それは本論の「見出し」や「目次」のような一覧で示すイメージで全体の流れを明瞭にする時に使います。 考案した企画等のプレゼンテーションをする時に本論の「見出し」や「目次」のような一覧で示し、全体の流れを説明する際に「outline」を使用します。 ・「本日のoutlineはこのようになっております。」 このように始め、チャートなどを使って本題を「見出し」に分解し、一覧の形でその流れを示します。相手も聞くポイントを絞ることができ、わかりやすいプレゼンテーションをすることができます。