1分でわかるウルグアイ空軍機571便遭難事故

ウルグアイ空軍機571便遭難事故とは

  • 空軍機が墜落し、生存者がサバイバルを生き延びた
  • 人肉を食べるほどに壮絶を極めたサバイバル生活
  • 後日書籍や映画として世間に広まった

ウルグアイ空軍機が人為的ミスにより墜落し、当初は28名の生存者がいました。しかしその後に待っていたのは極寒の高山で救助を待たなくてはならないという現実でした。 壮絶なサバイバル生活を余儀なくされた彼らは、さまざまな手段を講じてかろうじて命をつないでいました。遭難3か月目にしてようやく救助され、彼らの体験は書籍や映画などで広く世間に知られることとなりました。

ウルグアイ空軍機571便遭難事故の概要

極寒のアンデス山脈の峰に航空機が衝突、墜落した「ウルグアイ空軍機571便遭難事故」をご存じでしょうか。この事故が世間で注目されたのは、約3か月後に16名もの生存者が救助されたためです。 彼らは約3か月もの間食料も防寒具もほとんどない状態で雪山で生存し続けました。ここではなぜ航空機は墜落してしまったのか、また生存者はどのような状態だったのかなどを解説していきます。

1972年に起きたチャーター機墜落・遭難事故

1972年にチャーターされたウルグアイ空軍機が墜落し、生存者が遭難するという事故が起こりました。 空軍機に乗っていたのはパイロットなど5名の乗務員、そして10代の少年少女を含むラグビーの選手たちとその家族でした。 航空機はアンデス山脈を越えてチリに向かう予定でしたが、天候が悪く回復を待ってから改めて山を越えることにしました。しかし彼らは山を越えることはできず、極寒のアンデス山脈に衝突・墜落したために生存者は山中で遭難することになりました。

乗員乗客45名のうち29名が死亡、生存者16名は72日間のサバイバルを生き延びた

出発当初は乗客乗員合わせて45名でした。しかし墜落後の72日間にも及ぶ雪山でのサバイバル生活で、生還できたのはわずか16名でした。 もともと墜落した機体は爆発も炎上もしなかったために墜落当初は28名の生存者がいました。しかし墜落時の負傷や物資も食料もほとんどない状態での雪山のサバイバル生活が彼らの命を奪っていきました。 死亡者は29名にものぼり、サバイバルを生き抜けたのは16名しかいませんでした。