栃木実父殺し事件の概要

栃木実父殺し事件は当初、家庭内の行き違いが殺人に発展しただけと思われていた事件です。しかしのちに、娘が10年以上にわたる近親相姦の強制を苦にし、思い余って行われた犯行だったことが判明しました。当時は親殺しが不当に重く扱われていましたが、この事件を機に法律が見直されました。

1973年に起きた実父殺人事件

事件が起きたのは1968年10月5日です。犯人の女性が、実の父親の首を絞めて殺害しました。捜査の結果、事件は仲違いで起きた単純な親殺しではなく、長年に渡る実父の性的虐待に原因があったと判明します。 父親は犯人の女性が中学生の14歳の時から、15年間も性的虐待を繰り返していました。この女性は近親相姦の末に、無理矢理出産までさせられていたのです。

法律を違憲と判断された最初の事件

犯人の女性は父親から長期間性的虐待を受けており、さらに事件当時には父親の手で監禁状態に置かれていました。それを受けて裁判で問題となったのが、刑法200条の尊属殺人です。 尊属殺人の刑罰は法律で、死刑あるいは無期懲役のどちらかと定められていました。事件の背景に、父親の性的虐待があったことを考慮すれば、死刑や無期懲役が重すぎるのは明かです。 このことから栃木実父殺し事件は、法律で定められた尊属殺人と実情のギャップに初めて注目が集まり、意見の判断がされた最初の事件となりました。