石巻3人殺傷事件の概要

石巻3人殺傷事件は、千葉祐太郎が交際していた相手女性の姉及びその知人を殺害し、その場にいた知人男性を負傷させた事件です。 手下を連れて元交際相手委の家に押し入って包丁で複数人を殺傷するという鬼畜な犯行は、世間に不安と衝撃を与えました。

千葉祐太郎と共犯の少年の2名による犯行

2010年2月10日、千葉祐太郎は共犯の少年とともに、石巻市内にある元交際相手の実家を訪れ犯行に及びます。 この共犯の少年は千葉祐太郎の子分同然の少年であり、この少年に凶器である牛刀を用意させるとともに、自分の代わりに犯行を実行するよう命じました。 しかし犯行直前になり、この少年は犯行を拒否。結局千葉祐太郎自ら犯行を行いますが、この少年の犯行と見せかけるよう、少年の指紋をつけるなどの隠ぺい工作を行ったとされています。

元交際相手の家に押し入り女性2名を殺害し男性1名を負傷させた

千葉祐太郎が交際していた女性の実家に押し入ったのは同日午前6時40分頃とされています。 千葉祐太郎は実家の2階で就寝中寝の元交際相手の姉とその友人女性を牛刀で何度も刺して殺害。さらにその場に居た姉の知人男性にも重傷を負わせました。 こんなに朝早くから押しかけてくるということは最初から犯行目的であったといえます。そうではなく、相手に何か交渉したりするつもりだったとしたら非常識にもほどがあります。