正社員と契約社員の違い

正社員と契約社員の違いを一言で表すと雇用契約期間の有無です。会社で働く場合、どういった雇用形態であっても労働契約を締結します。つまり正社員であっても実際は「契約社員」であるといえるでしょう。 正社員は雇用契約期間が定められておらず、定年までは身分が保障されます。一方契約社員はあらかじめ6か月、1年といった雇用契約期間が定められているのが大きな相違点です。 正社員と契約社員では労働条件はもとより仕事の内容も大きく異なります。言い換えれば、同じ仕事をしていながら処遇が異なると労働契約法第20条「不当な労働条件の禁止」に抵触するといえるでしょう。

派遣社員と契約社員の違い

派遣社員と契約社員の違いを一言で表すと雇用主が異なることです。つまり派遣社員は派遣会社と労働契約を締結し、給与も派遣会社から支給されます。 このような雇用形態が生まれたのは、多様化する働き方を望む労働者とより安価な労働力を求める企業の利害が一致したことが大きな要因です。 企業は必要なスキルや労働条件をもって派遣会社に派遣要請をします。派遣会社は企業の求人に合致した人材を派遣するのが一般的なフローです。なお、派遣社員は短期的な要員不足の解消に利用されるケースが多い雇用形態といえるでしょう。

契約社員の一般的な待遇

契約社員と正社員では働き方が異なります。したがって同じ職場であっても、仕事の内容や処遇が異なるのは当然だといえるでしょう。言い換えれば、区別しなければ法律違反に問われます。それでは契約社員の一般的な待遇とは如何なるものでしょうか。