「100日後に死ぬワニ」とは

「100日後に死ぬワニ」はTwitter上で公開されているワニの日常を描いた短編コミックで。作者はイラストレーターのきくちゆうきさんです。漫画家として「SUPERどうぶつーズ」といった作品も発表しています。 「100日後に死ぬワニ」は2019年12月から毎日1話のペースで新作がアップされてきました。コミックにありがちなオチはなく、最後に「死まであと〇日」と表示されるのが特徴です。

「100日後に死ぬワニ」の影響

「100日後に死ぬワニ」はTwitter上で発表されたコミックですが想像を上回る盛り上がりを見せました。最終話が近づくにつれテレビでも紹介され映画化も決まりました。なぜ「100日後に死ぬワニ」は大きな影響を与える作品となったのでしょうか。

何気ない日常の中で常に死を意識

「100日後に死ぬワニ」のポイントはラストに出てくる「死まであと〇日」のフレーズです。仮にこのフレーズがなければ、ここまで盛り上がらなかったと思われます。 ワニの生活を切り取った描写でも「あと〇日で死んでしまう」と死を意識させることで切なさが残ります。この切なさこそが作品の肝であり、読者に考えさせる作品となった要因です。