中学受験の全落ち回避へ

中学受験の全落ち回避とは

  • 滑り止めに落ちる可能性もある
  • メンタルケアを最優先する
  • 高校受験の準備を早期に始める

中学受験にチャレンジする子どもが都心部を中心に年々増加しています。その影響で倍率の増減が激しくなり、例え滑り止めを受験していても全落ちする子どもも少なくありません。 全落ちすると子どもの精神的なダメージも大きいことから、親はメンタルケアに努めることが非常に重要です。また、早期に高校受験に向けた準備をするなど、失敗を引きずらないことも大切になります。

全落ちしやすい状況とは?

都心部を中心に中学受験を望む親子が増加傾向です。しかし、意気込んで中学受験に挑戦したものの、全落ちしてしまうことも少なくありません。 一生懸命取り組んだにも関わらず全落ちしてしまうのは、それ相応の理由があるからです。そこで、全落ちしやすい状況について「子どものモチベーション」「親の介入」といった観点から説明します。

子どものモチベーション

都心部を中心に中学受験を望む親子が増加傾向です。しかし、意気込んで中学受験に挑戦したものの、全落ちしてしまうことも少なくありません。 一生懸命取り組んだにも関わらず全落ちしてしまうのは、それ相応の理由があるからです。そこで、全落ちしやすい状況について「子どものモチベーション」「親の介入」といった観点から説明します。

親の介入

前項では、「受験したい」と希望する子どもが増加傾向であることを説明しました。しかし、依然として親が主導するパターンが多いのも事実です。 この場合、子どもに「やらされ感」や「期待に応えたい」といった想いが芽生えやすいといえるでしょう。さらに、親の介入する頻度が多くなると子供は追い詰められてしまいます。 小学生頃の子どもにとって、「親」は絶対的な存在です。中学受験に対する悩みを告白したくとも、告白などできるはずもありません。つまり、親が介入すればするほど自滅する可能性が高まります。