仕事が覚えられない人の特徴・原因は?対処法など11パターンで紹介!

職場

2019年10月30日

仕事の悩みは辛いものです。一般の社会人であれば職場は一日の中で最も多くの時間を過ごす場所です。特になかなか仕事を覚えられないと自分自身にも嫌気がさしてきます。今回ビズキャリオンラインでは「仕事が覚えられない人」に着目します。この記事の中に悩みを解決するヒントが必ず見つかるはずです。

仕事が覚えられなくて悩んでいる?

仕事が覚えられなくて悩んでいたりしませんか?「人より要領が悪くて仕事に時間が掛かる」とか「前にやったミスと同じミスをしてしまう」など、仕事を覚えられないことによる症状は人それぞれ。 仕事が覚えられないと周囲の人間関係が悪くなったり、会社の人事評価が悪くなったりとマイナス面しかありません。しかし心配は無用です。 ちょっとした対策をとることで劇的に改善します。この記事を読んで、仕事に対する考え方を変えてみましょう。

あなたの立場によって求められるものも違う!【5パターン】

当然のことながら仕事というのは、あなたが置かれる立場によって求められるレベルが異なります。それを理解せず「なんでこんなことができないのか」とか「これができないと恥ずかしい」などと思っても仕方がありません。 始めから何でもできるスーパーマンみたいな人間はいません。少し肩の力を抜いて考えましょう。ここではパターンによって何が求められているか解説します。

【関連記事】仕事の効率化に関する記事はこちら!

新人・20代の人

新人・20代の人は、基本的には仕事の経験が少ないのが特徴です。経験が少ない仕事は、なかなか覚えにくいものです。 したがって新人・20代の人の場合は、当然仕事を覚えるまでに時間がかかります。会社としてもその辺りはある程度織り込み済みです。 むしろ「もうできたの?早いねえ」なんて言われたりするのがこの分類の人たちです。会社がそれほど仕事を早く終えると考えていなかった証拠です。

中途採用や30代から50代の人

中途採用の人や30代から50代の人になると、仕事の経験をある程度積んでいます。したがって仕事をすぐに覚えてバリバリこなすことが期待されています。 一方で若い年代の人より物覚えが悪かったり、柔軟性が落ちてくるのもこの分類の人たちの特徴です。したがって、過去やってきた仕事とあまりにかけ離れた業界で新たに仕事をすると、仕事がつらくなる可能性があります。 「出来て当たり前」と思われるのは、プレッシャーが掛かります。年をとってからの転職は選択が難しいのです。

入社してから三日目の人

入社一日目や二日目は会社の紹介などに終始され、仕事を行う段取りにならないのが通常です。しかし、この時期の過ごし方は大切で、入社してから三日目には「仕事を辞めたい」と考える新入社員が増えてくるといわれています。 この辺りから、やる気がみなぎって熱心に仕事に取り組む人と、「この会社はちょっと違うかも」と思う人に分かれてきます。 会社としては人材を見極める時期であり、この時期はそれほど従業員としての仕事の成果を求めているわけではありません。

1/5

続きを読む