大阪で行方不明になった小6の女児保護

ニュースの要点

  • 大阪で行方不明になった小6の女児保護
  • 犯人は栃木県にすむ伊藤仁士容疑者
  • 6月から行方不明の別の少女も保護

【関連記事】令和のプチエンジェル事件か?伊藤仁士容疑者の素顔とは?

11月17日から行方不明に

少女は17日の午前7時ごろ、自宅で朝食を食べたのを最後に行方が分からなくなっていました。母親が寝ていた2時間程のあいだにいなくなったとみられ、家族が午前11時過ぎに電話をしても電源が入っておらず、SNSのメッセージにも反応がなかったといいます。 同日午後10時ごろ、住吉署に行方不明の届けを提出し府警は19日午後7時半に顔写真を公開し、情報提供を求めていました。

栃木県の交番に駆け込み保護

11月23日午後1時半ごろ、栃木県小山市内の交番に公開捜査中の女児と思われる女の子が逃げ込んできたところを、警察官が保護しました。 女児は雨の中、白いパーカーの上に黒い上着を羽織、傘もささずに裸足だったといいます。目立った怪我もなく自分で氏名を名乗り、「30才くらいの男の家から逃げてきた」「もう一人女の子がいる」と話し、衰弱した様子もなかったとのことです。

誘拐の容疑で伊藤仁士容疑者を逮捕

栃木県警は少女が居たとみられる家を捜索し、伊藤仁士容疑者の自宅を特定すると突入するタイミングを伺っていました。午後4時20分ごろ、伊藤仁士容疑者が少女(15)と一緒に家から出てきたところを身柄確保し少女を保護しました。