新型コロナウイルスで居場所がなくなるネットカフェ難民

1分で分かるニュースの要点

  • ネットカフェも営業自粛要請の対象となっている
  • 休業すればネットカフェ難民の寝泊まり場所が無くなる
  • 各自治体はネットカフェ難民の居場所確保が急務となる

東京都の休業要請はネットカフェも対象に

7日に発令された緊急事態宣言を受け、東京都は休業要請の対象とする施設を発表しました。ナイトクラブやバー、カラオケボックスなどと同じように、ネットカフェも休業要請対象となっています。 しかしネットカフェが休業すると、住居が無いためネットカフェで寝泊まりをする、いわゆる「ネットカフェ難民」の居場所がなくなってしまうとの問題点が指摘されています。

ネットカフェ難民に配慮し営業を続けるところも

営業を続ければ、新型コロナウイルス感染拡大の危険があるため、一部の店は今後の対応を決めかねています。 今回の休業要請はあくまでも「要請」であり、強制力もなければ罰則もありません。そのため、ネットカフェ難民に配慮して営業を続けている店もあります。ネットカフェ難民も現在利用している店の今後の対応が気になるものと考えられます。

一度感染者を出した場合クラスター化する恐れ

政府や自治体は連日、3密を避けるように呼びかけていますが、ネットカフェ内は完全な個室になっていないため、一度感染者が出れば一気に感染が拡大する危険があると言えます。また店内にある漫画や雑誌を通じて感染が広がる可能性も考えられます。 もしネットカフェ難民ではない利用客に感染すれば菌は店外にも広がるので、感染拡大を防げません。