1分で分かる相模原障害者施設殺傷事件

相模原障害者施設殺傷事件

  • 2016年7月26日に神奈川県にある知的障害者施設で死傷事件が発生
  • 犯人は元施設職員で19名が死亡、26名が重軽傷を負う大惨事に
  • 犯人が障害者に偏見を持っており、ヘイトクライムとしても注目を集める

相模原障害者施設津久井やまゆり園で起きた殺傷事件の概要

「相模原障害者施設殺傷事件」は、戦後の大量殺人事件の中でも史上最悪の事件です。神奈川県立の知的障害者施設で暮らしていた入所者の19名が死亡、26名が重軽傷を負っており、犯人はこの施設の元職員でした。

障害者施設の津久井やまゆり園の職員である植松聖により起こされた事件

「相模原障害者施設殺傷事件」は、神奈川県立津久井やまゆり園で発生しました。2016年7月26日2時38分に、神奈川県警に通報があったことで発覚しました。 当直していた施設の職員が非番だった男性職員に対し、LINEで「刃物を持った男が暴れている」と連絡をし。男性職員が折り返し当直職員に電話をして状況を把握したうえで警察に通報しました。犯人は元職員だった植松聖でした。

夜中に施設に侵入し入居していた人々を殺傷した

2016年7月26日未明、植松聖は元の職場である神奈川県立津久井やまゆり園に侵入しました。警備員のいない裏口から敷地内に入り、入居者が暮らす東居住棟1Fの窓ガラスを割って施設に侵入しました。 そして当直していた職員を結束バンドで拘束し、入居者が眠る部屋に向かいました。ベッドの上で亡くなっていたところを見ると、植松聖は入居者の部屋に入ると上半身を狙って次々と刃物で刺したようです。