ワークマンの株価が最高値を更新

ここ数年ワークマンの株価は高値で安定していましたが、ついにその最高値を更新しました。アパレル業界全体が株価を落としている中ででワークマンの株価の高騰ぶりは際立っているのです。そこで株価を高騰させるワークマンの業績について解説します。

時価総額は8200億円を超えた

作業服ブランドとして人気のワークマンは「職人の店ワークマン」として、1980年に群馬県伊勢崎市に1号店がオープンしています。 オープン当初は文字どおり労働者層をターゲットとして商品展開を行っていました。しかし2009年に社長となった栗山清治氏は労働人口の減少を危惧し大幅なターゲット層の拡大を決断します。 その結果2019年には時価総額が8,200億円を超えました。ファーストフード大手のマクドナルドが約7,200億円ですからこの数字がいかに凄いかがわかります。

数々のアパレルが不況の中好調のワークマン

アパレル業界といえば華やかで不況とは無縁のイメージです。しかし現実は極めて厳しい状況にあり、近年はブランドによって「勝ち組」「負け組」がハッキリする傾向にあります。 その原因の一つに少子高齢化による洋服を購買する年齢層の減少があげられます。オーバーストア(出店過剰)及びオーバーサプライ(供給過剰)が顕著となり企業経営を圧迫していると考えられています。 こういった状況下でワークマンはファッション性及び機能性が高く低価格を実現したSPA型専門店の分野で急成長を遂げています。