京大事件とも言われる滝川事件の概要

滝川事件は京大事件ともいわれています。事件の舞台が旧京都帝国大学だったからです。当時我が国が軍国主義に染まっていく中で自由な学問や言論が強力に弾圧されました。滝川事件はそのような時代背景の中で、本来認められるはずの大学自治の象徴である教授職の人事が国家によって左右されたことに対して、大学と国家が対立した事件です。

1933年に京都帝国大学で起きた思想弾圧事件

事件の発端とされる出来事は二つありました。一つは当時京都帝国大学法学部の瀧川幸辰教授が1932年10月中央大学において行ったトルストイの『復活』を題材にした講演です。この講演を聞いた当時の検事総長が講演内容は無政府主義を助長する危険思想であるとして、政府に問題意識を伝えました。 もう一つは折しも当時取り締まりの対象だった共産主義者として逮捕された者の中に判事らの司法関係者がいたことです。瀧川幸辰教授ら赤化した大学教授に司法関係者の共産主義化の要因があるとして、弾圧の矛先が一部の大学教授に向けられていきました。

同大学法学部教授・瀧川幸辰の著書「刑法読本」が危険思想だと判断される

司法関係者の赤化と瀧川幸辰教授ら一部大学教授の思想が結びつけられ、これらの教授は赤化教授と呼ばれるようになりました。この問題は当時の帝国議会でも取り上げられるようになり、瀧川幸辰教授らの追放機運が盛り上がっていきました。 特に瀧川幸辰教授執筆による『刑法講義』と『刑法読本』は危険思想に基づくものとして、内務省は出版法に基づいてこれらを発禁処分としました。