タカタ製のエアバックで新たにリコールを開始

タカタが新たに1000万台のリコール開始

  • タカタ製エアバック搭載車1000万個のリコールを開始
  • 2008年にエアバックの不具合が発覚し25名以上が死亡、約290名が負傷
  • 戦後最大の経営破綻となりリコール費用は自動車メーカーが肩代わり

1000万個のリコール

タカタが製造したエアバックは、乾燥材入りインフレーター(膨張装置)に欠陥があることが分かっており、アメリカの1000万個の交換用インフレーターがリコール(回収・無償修理)の対象になっています。 リコール対象になるのは交換用に一時的に取り付けたもの、また未搭載車への取り付けも含まれれています。 タカタ製エアバックの不具合により世界で25人が死亡しており、負傷した人は290人以上といわれています。

さらに追加のリコールも検討

NHTSAは欠陥のあったエアバックと同じ乾燥材入りのインフレーターについて、さらに追加のリコールを検討しています。 リコールの追加が検討されているエアバックインフレーターの数は数千万個で、今回の交換数の数倍になる見通しです。 不具合があることが疑われているインフレーターは、2000年〜2008年に製造されたもので、国内外10社の自動車メーカー等に搭載されていました。

タカタのエアバッグ問題

タカタのエアバックに不具合が見つかったものは、2000年〜2008年に製造されたものです。国土交通省の調べでは、2004年以降からエアバックのインフレーターが異常破裂、金属片が飛散する欠陥が発生していました。 タカタはエアバックの不具合による危険を知りながら製造・販売を続けており、2008年から乾燥材を入れた改良品を製造しますが安全性についての確認はしていませんでした。