自転車全般が品薄になる可能性が高い

新型コロナウイルスが電動アシスト自転車の生産に影響を及ぼしています。自転車の部品のほとんどが中国で製造されているためで、部品の入荷が滞っているのが現状です。今後は自転車全般が品薄になる可能性が高いと思われます。 電動アシスト自転車を購入できない人々が普通の自転車を購入していき、自転車全般が品薄になることが考えられます。

電動アシスト自転車の部品のほとんどが中国製

電動アシスト自転車の部品のほとんどは中国の工場で製造されています。しかし新型コロナウイルスの影響で工場の休業や入荷の遅れが生じており、日本は部品の調達が困難な状態です。 中国からの部品が滞っているため電動アシスト自転車は品薄で、在庫切れの店舗が広がっています。中国の流通が再開されるまでの間は品薄状態が続くと予想されます。

新生活が始まる年度のはじめは繁忙期

年度はじめは入学や入園などに向けて自転車の需要が高まる時期です。毎年、新生活が始まる時期は自転車販売店の繁忙期でしたが、品薄の状態が続けば繁忙期を逃すことになるため自転車販売店は対応に追われています。