「render」とは

render

render(画像:Unsplash

「render」は、ビジネスシーンだけでなくTOEICなどのビジネスシーンで役立つ資格試験にも頻出する単語です。ですから、意味だけではなく発音もきちんと覚えておきましょう。 ここでは、どのように発音するのか、どういった意味を持っているのかについて詳しくご紹介していきます。

「render」の発音は「レンダー」

「render」は「レンダー」と発音します。発音記号は「réndər」です。これは、アクセントが「レ」にあることを意味していますから、単語の冒頭に力を入れて発音するということになります。 それほど難しい発音ではありませんから、比較的覚えやすいでしょう。ほぼローマ字読みに近いので、「der」を「ダー」と読むことだけに気をつけておけば問題はありません。 発音が似ている他の単語として、「tender(テンダー)」といったものがあります。この単語はやわらかいという意味で、「render」と聞き間違いやすいので、併せて覚えておきましょう。

「render」の意味は「〜を...にする」「〜を与える」

「render」の意味は「~を……にする」「~を与える」です。 人や物を何らかの状態にする、という意味を持っている一方で、注意を与える、報告を与えるといった意味も持っています。見返りを与える、というのも「render」の持つ意味のひとつです。 このように「render」は非常に幅広い使い方をされますが、どれも対象に干渉するという意味を持っているということに変わりはありません。対象が物がそれ以外かの違いはあっても、「render」は相手に影響を与えているのです。

「render」の使い方と例文

render

render(画像:Unsplash

「render」の実際の使い方は、慣れないとなかなか難しいものです。和訳も英訳も、正しい形を知っていないとスムーズに使えませんから、きちんと覚えておきましょう。 ここでは、「render」を使った例文をご紹介します。特に「render」と対象との関係性に注目して見てください。