「entity」とは

「entity」という英単語を耳にする機会は日本ではまだ少ないのが現状です。英語上級者でもその意味を説明できないこともある「entity」ですが、知っておくと海外生活やビジネスシーンでとても役に立つ単語です。 ここでは「entity」の発音と意味について説明します。

「entity」の発音は「エンティティ」

「entity」の発音は「エンティティ」です。 発音のポイントはアクセントの位置です。第一音声の「en」にアクセントを置きます。よくあるミスは第二音声の「ti」の部分を強く読んでしまうことです。また「tity」を「タイティ」と読んでしまう間違いもたまに見られるので、気を付けましょう、 英単語は正しい発音によって正しく使うことができます。ネイティブの発音を真似てしっかりと覚えましょう。

「entity」の意味は「実体」

「entity」の意味は「実体」という名詞です。「実在」「法人」という意味もあります。 「entity」はラテン語の「ens(実際に存在するもの)」が由来となっています。同じ由来である英単語に「essence(本質)」があります。 「entity」は文脈によって訳し方が変わることがありますが「実際に存在するもの」というコアの意味を押さえておけば、訳すのに困ることはないでしょう。

「entity」の使い方と例文

「entity」は「実体」や「法人」など多義的な意味をもつため取引先との契約など多くのビジネス場面で用いることができます ここでは特に「entity」が用いられる場面を例文とその和訳を交えて、具体的に解説していきます。