ブルーオーシャンとは

(画像:Unsplash

ブルーオーシャンという言葉を聞き、どんな意味かわからず戸惑った経験がある人は多いのではないでしょうか。普段からビジネス書を読み慣れていないと、ブルーオーシャンという言葉はなじみがないものです。 まず、ブルーオーシャンの意味について説明します。言葉を正しく理解し、ビジネス戦略に活かしましょう。

ブルーオーシャンの意味は「競合のいない未開拓の市場」

ブルーオーシャンとは、競合のいない未開拓の市場のことをいいます。新商品を開発したり、新しいサービスを考案する場合、ブルーオーシャンかどうかを見極めることは非常に重要です。競合のいない市場を見つけ出すことがビジネスの成功にもつながります。 しかし、ブルーオーシャンを見つけたからといって必ず成功が約束されるわけではありません。しっかり準備して市場に打って出ないと、すぐに競合相手が現れ、取って代わられてしまいます。ブルーオーシャンを見つけた場合もその後の戦略が非常に重要です。

ブルーオーシャンの由来

ブルーオーシャンという言葉は、ヨーロッパの経営学の研究者がビジネス書で用いたことから世界中に広がりました。日本では2005年に刊行され、ブルーオーシャンという言葉が浸透していきました。 ブルーオーシャンの反対語は、レッドオーシャンです。レッドオーシャンとは競合の多い市場のことで、お互いに争って血を流し海が真っ赤に染まる様子を表しています。それに対して、競合のいない市場をブルーオーシャンと表現したことが言葉の由来です。

ブルーオーシャン戦略を成功事例を用いて紹介

(画像:Unsplash

ここまで、ブルーオーシャンという言葉が出てきた背景と、言葉の意味について簡潔に説明しました。続いて、ブルーオーシャン戦略で成功した事例をご紹介します。 新商品の開発や新サービスの考案で行き詰っている方はぜひ参考にしてみてください。