理想像の明確化で仕事のモチベーションの向上が期待できる

キャリアプランは将来の理想像を明確化することであるため、モチベーションの向上を図ることができます。会社や上司から定められた単なる目標だとやる気につながらない人が大半です。 キャリアプランはあくまでも自分だけの理想像です。したがってやらされ感を感じることなく、モチベーションを向上させることが期待できます。

キャリアプランの作成方法

キャリアプランは単なる目標ではありません。自分の将来における理想像を明確にして、プロセス・道筋を設計するものです。つまり具体的かつ実現可能な目標としなくてはなりません。正しいキャリアプランはどのように作成すればよいでしょうか。

過去の自分を振り返る

正しくキャリアプランを作るには、過去の自分を振り返りましょう。強みや弱みを把握することで、何を伸ばし何を改善すべきかが明確になります。過去の自分を完成否定する必要はありません。 反対に「自分は頑張ってきた」など根拠や結果の伴わない過信も禁物です。あくまでも冷静に過去の実績やそこに至るまでのプロセスを振り返りましょう。

今の自分を客観的に見つめる

過去を振り返ったら自分の現在地を客観的に見つめてみましょう。過去から現在、現在から未来は一つの線で結ばれています。実現可能なキャリアプランを作成するには、現時点の実力を明らかにしておかなければなりません。 しかし「たら、れば」で自己評価することはあまりにも無謀です。あくまでも客観的かつ冷静に自己分析することに徹しましょう。