働き方改革で残業時間は本当に減るのか

働き方改革関連法で残業時間はどうなる

  • 働き方改革関連法とは何か
  • 働き方改革関連法によって残業時間が規制
  • 働き方改革関連法の規制で本当に残業は減らせるか

働き方改革とは

働き方改革とは少子高齢化が進む日本で、50年後も国民みんなが活躍できる社会を目指すためのものです。2019年4月には働き方改革関連法も施行され、国が具体的な対策を企業に求めることができるようになりました。

労働時間の長時間化の是正を図る

戦後の高度成長期の時代には、働けばそれだけ給与が上がっていく背景の中で多忙であることが望ましいとされてきました。しかしながら2013年には国連から日本の長時間労働に対して是正勧告がなされ、政府も時代に合った働き方を推進しています。 労働基準法の改正では時間外労働時間の上限を設けることを軸に、労働者の過労死やメンタル不調の原因を少なくすることを目指しています。

中小企業は2020年4月から施行、大企業は導入済

働き方改革関連法は大企業では2019年の4月にすでに施行・実践されており、中小企業では2020年4月から施行されています。 残業時間の上限規制や年5日の有給取得義務などには違反した場合に罰則が設けられています。企業が働き方改革関連法にしっかりと対応できているかどうかは、社員の定着率にも影響を及ぼすと思われます。