photo shootとphotographingの違い

photo shoot(フォトシュート)と 実写・写真撮影・撮影の意味を持つ「photographing」 ではどんな違いがあるのでしょうか。 「photo graph」にingが付いていることから写真撮影をしている真っ最中のことをイメージする言葉として使われ、写真撮影をしている写真家を「photographer」と呼びます。また、写真の技術のことを「photography」とも言います。

photo shootとtake a picture/taking a pictureの違い

photo shoot(フォトシュート)と同じような意味を持っている言葉に「take a picture」と「taking a picture」があります。 「take a picture」は写真を撮る、写真を写すの意味で、「taking a picture」は写真を撮っている意味の言葉です。頭に「to」や「Let's」を付けて「to take a picture」(写真を写す) や「Let's take a picture」(写真を撮ろう、写真を撮りましょう)といった使い方をします。

photo shootの例文

(画像:Unsplash

「photo shoot」(フォトシュート)は「shoot」に「s」を付けた「photo shoots」や「shoot」に「ing」を付けた「photo shooting」として使われます。 「photo shoots」と「Photo shooting」を使った例文を紹介します。

例文①

「shoot」に「ing」を付けた「Photo shooting」は、写真を撮影している意味と「結婚式当日の写真撮影」の意味で使われます。 ・What is important for the photo shooting to wedding ceremony day. (結婚式当日の写真撮影の際には 何に気をつければいいですか。) 「important for」は「〜にとって重要な」、「 wedding ceremony day」が「結婚式当日」の意味です。