鬼熊事件の概要

この事件は1926年に千葉県で起こった連続殺人事件です。犯人の岩淵熊次郎が男女関係にあった女性を殺害し、関係者2人も手にかけました。総勢5万人による大規模な山狩りが行われましたが、事件は岩淵熊次郎の自殺で幕を閉じました。事件の詳細とはどのようなものだったのでしょうか?

1926年に千葉県久賀村で起きた殺人事件

事件は1926年に千葉県久賀村で起こりました。犯人の岩淵熊次郎は以前から言い寄っていた女性おけいの態度に腹を立て裁判沙汰となります。 岩淵熊次郎は裁判で執行猶予がつき、一度は元の生活に戻ろうとしました。しかしおけいが別の男と交際していると知って逆上し、岩淵熊次郎は酒の勢いで8月20日におけいを撲殺しました。

犯人・岩淵熊次郎が6人を殺傷したあと、山中に逃亡

おけい殺害後岩淵熊次郎はおけいと交際する男の実家を放火し、かつて自分と別の女との仲を裂いた岩井長松を腹いせに刺殺しました。 岩淵熊次郎は一晩で2名殺害・4名の重傷者を出し、山中に逃亡しました。9月12日には巡回していた警官と鉢合わせし警官も殺害しました。