選手や監督に感染者

欧州サッカーリーグでは選手や監督にコロナ感染が拡大し続けており事態は深刻です。激しい接触プレーも多いサッカーでは濃厚接触は避けられません。2部リーグの選手の陽性が確認されたのが2月の下旬です。 3月12日にはアーセナルのアルテタ監督の感染が報じられるなど一刻を争う事態となりました。さらに選手からサインをもらった少年が感染するなど、選手間だけの問題ではなくなっているのが現状です。

日程消化の問題も

欧州サッカーリーグでは日程消化の問題に頭を悩ませています。当初リーグ最終戦は5月16日~24日に集中していましたがリーグ再開の目途すら立っていません。 欧州チャンピオンリーグの開催に向け準備は進めているものの先行きは不透明です。しかし更なる拡大は選手のみならずファンや家族を巻き込む大惨事になりかねません。リーグ戦延期は苦渋の決断ですが賢明な決断だといえます。

ヨーロッパで感染者が拡大する新型コロナウイルス

WHOはパンデミックの中心をヨーロッパだと発表し注意を促しています。日々感染者数が増加しており非常に深刻な局面を迎えています。日本ではマスクや日用品の転売問題も勃発しました。ヨーロッパの現状や感染拡大の要因は如何なるものでしょうか。