「諮る」(はかる)の要点

  • 意味:「何らかの問題について他者に意見を求める、あるいは相談する」
  • 例文:「新規事業部の立ち上げについては、経営会議にお諮りする予定です。」
  • 類語:「相談」「審議」
  • 英語:「consult」

諮るとは

(画像:Unsplash

「諮る(はかる)」は、学生時代にはほとんど目にする機会がない熟語です。しかし社会に出ると頻繁に使われるようになるので、その意味をしっかり理解しておくことをおすすめします。 ここでは「諮る(はかる)」の読み方や、意味する内容について説明します。

諮るの読み方は「はかる」

「 諮る」に使われている「諮」という文字は音読みだと「し」、訓読みだと「はか(る)」「と(う)」と読みます。つまり「諮る」は「はかる」と読むということです。 「諮る」という漢字は、「言」と「咨」で成り立つ形成文字です。「言」が取っ手のついた刃物と口を、「咨」が口と人がため息をつくことを表す象形でできているのだそうです。

諮るの意味は「ある問題について他人の意見を聞くこと」

「諮」は「問う」を意味する漢字です。そして「諮る(はかる)」は「何らかの問題について他者に意見を求める、あるいは相談する」ことを意味します。 ただし「諮る(はかる)」を使う時には、意見を聞く相手は個人ではありません。専門家や有識者が集まった会議といった公的機関や、企業においては株主総会や取締役会など公の場を指す場合に使う言葉です。団体の総会や理事会・委員会・審議会などに意見を求める時にも使います。 合わせて、目上の人に対して使う言葉でもあります。