破産者マップとは

破産者マップと聞いて皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか?多くの人は、破産と聞いて「何か悪いイメージ」を持つかと思います。 これは日本社会で「破産=人生の終わり」というイメージが浸透しているためだともいえます。ただ破産はすべてがネガティブなものとは限りません。今回は、この破産者マップについて、いったいどんなサイトなのか徹底解剖していきます。

官報に記された破産者情報を地図に記載し直したもの

破産者マップとは破産に陥ってしまった人の情報をGoogleマップ上に表示して、破産者が今どこに住んでいるのか記載したものです。 破産者情報はもともと政府が公表している「官報」に記載されます。官報の情報は誰でも確認することができるので、その情報を第三者が利用することも法的には可能です。 破産者マップはインターネット上に公表さるたため、ネット環境さえあれば誰でも簡単に破産者情報を地図で取得できます。

サイトの目的は破産者の支援

破産者マップを見ると破産した人がどこに住んでいるのかをGoogleマップ上ですぐに確認することができます。 破産者マップ製作者は「破産者がどこに住んでいるのかがすぐに分かれば、破産者が必要な時に支援をスムーズに受けられる」として、破産者マップの正当性を主張しています。 あくまでも破産者の支援が目的であるとのことなのです。ただ破産者側からしてみれば、自分の情報がネット上に醸されてしまうことの方が不都合なことであり、破産者マップ製作者の主張は的を得ているとはいえません。