demand(デマンド)の使い方や似ている表現との違いを解説!

ビジネス英語

2019年4月30日

「demand」という言葉を聞いたことはありますか。カタカナ語としてよく聞く単語ですが、その使い方や例文などがすぐに出てくる人はすくないかと思います。 今回、ビジキャリでは基本的な意味や発音はもちろん、「on demand」「in demand」「demand for」の使い方まで詳細に解説します。

「demand」の要点

  • 意味:「要求する」
  • 由来:「「de」という接頭辞と「mand」という語幹」
  • 例文:「We can rethink about the price of the product on demand. 」
  • 類語:「require」「request」
  • 対義語:「supply」

「demand」の意味と語源

「demand」は近年日本語でもよく使用され、「オンデマンド」という言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。しかし、正確な意味となると理解できていないこともめずらしくありません。 この記事では「demand」の意味や使い方、対義語について詳しく説明していきます。まずは、発音と意味、語源から確認しましょう。

「demand」の意味は「要求する」「需要」

Sound Listen the english sentence

demand

要求する

「demand」の意味は動詞で「要求する」、名詞で「要求」「需要」です。 「要求する」という意味の動詞として使われる時は、日本語訳以上に強いニュアンスを表します。「〜するように強いる」「断られることを想定していない」という意味合いが含まれるため、使用する場面には注意しましょう。 目上の人やビジネスでの取引先に対して「要求する」という意味で使うと、高圧的な印象を与えてしまいます。

「demand」の語源

「demand」は「de」という接頭辞と「mand」という語幹に分けることができます。 「de」は通常「離れる」「〜の下」を表しますが、「demand」では「はっきりさせる」「強める」という意味になっています。語幹の「mand」は「命じる」ということを指すので、「強く命じる」が「demand」の語源です。 「強く命じる」ということのより文語的な表現として「要求する」という訳があてられるようになりました。

「demand」の使い方と例文

続いて、「demand」の使い方を例文を用いて紹介します。 「demand」は「on demand」「in demand」「demand for」の形で使われることが多々あります。それぞれの意味を把握し、場合によって前置詞の使い分けをできるようになっておきましょう。

on demand

「demand」は「on demand」で「要求に応じて」「要求があり次第」という意味です。

Sound Listen the english sentence

We can rethink about the price of the product on demand.

私たちは要求があれば製品の値段を見直すことも可能です。

Sound Listen the english sentence

Our service offers home delivery on demand.

私たちのサービスは要求があれば自宅への配送にも応じます。

「on demand」は「オンデマンド」と日本語でも使われるようになってきています。動画配信コンテンツは見たい時にいつでも見ることができる「オンデマンド形式」となっています。

in demand

「on demand」だけでなく「in demand」という表現もあります。「in demand」で「需要のある」という意味です。

Sound Listen the english sentence

These days crowdsourcing is in large demand.

昨今ではクラウドソーシングの需要が拡大している。

Sound Listen the english sentence

This motorcycle has been in demand in these two years.

直近の2年間はこのバイクの売れ行きが順調だ。

「需要のある」、つまり「売れている」と訳します。「demand」の前に「large」や「high」「great」をつけ「大いに需要がある」と強調することもできます。

demand for

「demand for」で「〜に対する需要」「〜の需要」という意味です。

Sound Listen the english sentence

There is a growing demand for electric cars.

電気自動車の需要が拡大している。

Sound Listen the english sentence

We have to demand the payment for the proposal that we did for the client.

クライアントに行った提案の支払いを要求しなければならない。

1つ目の例文のように名詞として使われることが多い「demand for」ですが、2つ目の例文のように動詞として使うことも可能です。また、「demand」と「for」が離れている場合もあります。

「demand」の類義語

「demand」の類義語には「require」と「request」があります。 ビジネスシーンで「要求する」と言いたい時は「demand」ではなく「reuquire」や「request」を使うことがほとんどです。「demand」とのニュアンスの違いを含め、例文とともに類義語の使い方を見てみましょう。

require

「require」は「必要とする」「要求する」という意味の「demand」の類語です。

Sound Listen the english sentence

The address proof is required to complete the application.

申し込みを完了するには住所証明が必要だ。

Sound Listen the english sentence

I require an interpreter because I do not understand German.

ドイツ語がわからないので通訳をつけてください。

「require」は「demand」ほど強い言葉ではなく、「無理に要求する」「断られない前提」というニュアンスはありません。また公的な立場から要求する時によく使われる単語です。

request

「request」も「demand」の類語で、「要請する」「お願いする」という意味です。

Sound Listen the english sentence

Can I request your agreement with our new project?

新しいプロジェクトへの同意をお願いできますか。

Sound Listen the english sentence

I requested a leave from my boss, but he refused my request.

休暇の願いを提出したものの、上司はお願いを聞いてくれなかった。

「request」は日本語訳からも伺うことができるように、丁寧に依頼をするための言葉です。「demand」のような上からの目線で使う単語ではなく、例文のように目上の人に対して使用します。

「demand」の対義語は「supply」

「需要と供給」と日本語でも言うように、「需要」を意味する「demand」と対の言葉として使われるのが「供給」の「supply」です。

Sound Listen the english sentence

Because of the supply and demand, IT technology has been developing.

需要と供給によって、IT技術は発達してきている。

英語では「supply and demand」、つまり「供給と需要」の順序となります。

まとめ

「demand」は「要求する」「需要」という意味の単語です。動詞として使う時はとても強い意味になるので、類語の「require」や「request」と使い分けられるようになっておきましょう。 また、「需要と供給」を意味する「supply and demand」はぜひ覚えておいてください。海外の市場分析をする時などに頻出する熟語です。「demand」の「需要」はビジネスシーンでよく使われるので、頭に入れておきましょう。


関連記事