病院や介護施設などで院内感染が発覚

新型コロナウイルスの感染は拡大し続けており、病院や介護施設などでも院内感染が起こっています。 東京都内の病院でも医療スタッフと患者が集団感染し、死亡者が出ているところがあります。また介護施設でも利用者と介護職員が感染したことを受け、各施設で利用者・職員の健康確認の徹底をし始めました。

病床の空きが20%を割る

共同通信の調査によると東京都や大阪府、沖縄県など8都府県で病床の空きが20%未満であることがわかりました。新型コロナウイルス感染による入院者が続出していることが要因です。 また東京都では感染拡大が続いており、17日に発見された新たな感染者数は最多の201人でした。感染者がこれ以上増えれば、病床の空きはさらに少なくなっていきます。

医療崩壊の目の前まで迫る

院内感染や外での感染者が続出する中、医療現場はひっ迫し医療崩壊の目の前まで迫っています。患者の受け入れ体制にも限界が近づいており、受け入れ拒否をしている病院も出てきました。少しでも現場の負担を軽減するために、政府は軽症者をホテルなどに隔離し対応しています。