ドーピング検査を妨害した疑惑

東京五輪でも有力候補として競泳自由形の出場が決まっていた孫楊(28)は、2018年9月に中国の自宅にて抜き打ちのドーピング検査をされた際に、検査を妨害した疑惑がありました。 孫楊はドーピング検査に応じたものの検査の書類を破ったり、側近であるスタッフが孫楊の血液の入った容器を金づちで破壊したりしたというものです。

スポーツ仲裁裁判所がWADAの訴えを認めた形

WADA(世界反ドーピング機関)はスポーツ仲裁裁判所に孫楊の資格停止と最大8年間の出場停止処分を求めており、聴聞会を開かれた後にこれを認めた形となりました。 孫楊の過去には2014年11月中国での大会後に、禁止薬物で興奮作用のあるトリメタジジンに陽性反応を示して3ヶ月の資格停止処分を受けたことがあります。

孫楊は無実であると主張

2012年ロンドン、2016年リオと2度のオリンピック競泳で金メダルを3つ、世界水泳選手権で通算11度のタイトルにも輝いた孫楊は無実であると主張しています。 孫楊は選手生命最後の望みをかけてスイス最高裁へ提訴する構えを明らかにしました。