中国との癒着が指摘されるWHOテドロス事務局長

WHO(世界保健機構)のテドロス アダノブ事務局長は、中国との癒着が度々指摘されており、SNSなどを中心に「中国の犬」などと揶揄されています。 WHOが感染を認識してから、緊急事態宣言を出すまでに時間がかかったのは、テドロス アダノブ事務局長が関係の深い中国側に忖度したのではといった憶測が流れています。