Gmailのアーカイブとは

gmail

gmail(画像:Unsplash

「Gmailのアーカイブ」を知ってしますか。「メール自体を受信トレイから別のフォルダに保存させる機能」のことです。 受信トレイにはメールがそのまま蓄積されて、長いリスト状になっています。そこで、もう一度読みたいメールをすぐに見つけるために、アーカイブ機能を利用してみてください。

Gmailのアーカイブと削除とミュートとラベルの違い

(画像:Unsplash

「Gmailのアーカイブ」と「削除」の違いを知っていますか。「Gmailのアーカイブ」と「削除」の異なる点は「メールの送り先や保存期限」です。 「削除」するとゴミ箱のフォルダにメールが移動します。そして保存期限は、30日間です。30日を過ぎると、自動的に消去されてしまうので注意しましょう。一方で「アーカイブ」すると、すべてのメールというフォルダに移ります。なお保存期限はありません。

Gmailのミュートとラベルの違い

Gmailの「ミュート」と「ラベル」の違いを知っていますか。「ミュート」は「メールを非表示にする機能」で、一方「ラベル」は「メールを個別に整理する機能」です。 「ミュート」することで受信トレイではメールが非表示になります。ただ、すべてのメールというフォルダには保存されています。一方で、「ラベル」とはメールに印を付けるタグのことを指し、自分の好きなフォルダを作成できます。

Gmailのアーカイブの使い方(PC)

pc

pc(画像:Unsplash

1つ目に紹介するのは、PCにおける「Gmailのアーカイブ」の使い方です。以下の見出しでは、まず受信メールをアーカイブする方法を解説します。特に難しい操作はないので心配はいりません。 また、アーカイブしたメールを再表示させること、あるいは検索や削除する方法も紹介していきますので、参考にしてみてください。