一時はトルコ1部リーグでも活躍したDF

ジェブヘル・トクタシュは2007年から2009年の間、トルコ1部リーグでDFとして活躍するサッカー選手でした。ハジェッテペというチームに所属し、トルコのリーグであるシュペル・リギにも参戦しています。 現在は4部のブルサ・ユルドゥルムというチームに移っていますが、トルコ内では有名な選手です。

生前より息子を愛していなかったと供述

ジェブヘル・トクタシュは、5歳の息子を殺害した唯一の動機として、生前より息子を愛したことがなかったと供述しています。 しかし、愛していなかったとは言え、憎しみの感情を抱いていたという供述はありません。殺害という行動に至った背景には、息子が新型コロナウイルスに感染し、自分の生命をも脅かされる可能性があるという不安もあったのではないかと思われます。

自粛によるストレスから虐待に繋がるケース

新型コロナウイルス感染防止対策により、外出を自粛しストレスがたまり、虐待に繋がるケースがあります。 自分の子供とは言え、学校も閉鎖され常に自宅で一緒にいる時間が増えれば、ストレスが溜まってしまうこともあります。また、外出を自粛することでストレス発散する機会がなくなり、ストレスをため続けてしまいます。