「息を殺す」の意味と由来

(画像:Unsplash

「息を殺す」の意味は「気配を消してじっとする」ことです。呼吸にまつわる慣用句は数多くありますが、その中でも一般的によく使う言葉なので、正しい使い方をマスターしましょう。 まず、「息を殺す」の意味や言葉の由来について解説します。

「息を殺す」の意味は「息を静かにし、気配を消す」

「息を殺す」は呼吸の音すらおさえてじっとしている様子を表します。「息をしない」という意味ではないので、誤解しないようにしましょう。 呼吸の音がすると、相手に自分の存在やどこにいるかがわかってしまいます。それを防ぐため、気配を殺して静かにしているような状態です。 「息を殺す」は呼吸の音だけ抑えているという意味ではありません。呼吸の音についてしか触れられていませんが、他の物音も一切立てないようにじっとしていることをいいます。

「息を殺す」の由来

人間を含め動物は、緊張すると動機が速まります。そうすると心臓が多くの酸素を必要とするため、呼吸が速くなります。 しかし、呼吸が速くなったことによって、荒い息遣いが捕食者や敵の耳に届き、自分の位置がばれてしまいかねません。 そのため緊張状態で息が荒くなり、けれど相手に見つかっては困るという場合、自然と呼吸の音を抑えることになります。これが「息を殺す」という言葉が使われ始めた由来です。 「息」に関する慣用句は数多くあります。「息を呑む」「息が合う」「息が詰まる」などです。呼吸というのはそれだけ人間にとって身近なもので、心情表現に適しているということでしょう。

「息を殺す」の使い方と例文

(画像:Unsplash

ここまで、「息を殺す」の意味や使われ始めた由来について解説しました。続いては、「息を殺す」の使い方と例文をご紹介します。 「息を殺す」は強い緊張状態を表すため、どんな場面でも使える言葉ではありません。正しい使い方をマスターし、誤った使い方をすることを防ぎましょう。