ジョンソン首相は3度目の結婚

英国のジョンソン首相にとっては今回が3度目の結婚となり話題となっています。3度の結婚自体はさほど珍しいわけではありません。にも関わらずジョンソン首相の結婚が英国のみならず世界で注目されている背景には、いったい何があるのでしょうか。

キャリー・シモンズさんは妊娠している

ジョンソン首相の結婚相手であるキャリー・シモンズさんは既に妊娠しています。日本でいうところの「できちゃった婚」です。 さらにジョンソン首相が55歳であるのに対しキャリー・シモンズさんは31歳であり、24歳の歳の差も英国国民の関心を集めています。 つまり「3度目」「できちゃった婚」「24歳もの年齢差」といった、人々から注目を集める要素が3つも揃っているといえるでしょう。したがってジョンソン首相の結婚が英国のみならず世界で注目されるのは必然のことだといえます。

アレグラ・オーウェン

アレグラ・オーウェンさんはジョンソン首相の最初の妻です。1987年に結婚するも1993年には離婚しています。子供はいませんでした。 ジョンソン首相は1964年生まれですから、最初の結婚は概ね23歳~29歳の時になります。現代の結婚適齢期と照らし合わせてみると、ずいぶん早い年齢での結婚だといえるでしょう。 この頃のジョンソン首相は週刊誌のコラムニストなどをしていました。でっち上げや誇張した記事が多いと批判されることも多く、アレグラ・オーウェンさんが妻として陰ながら支えていたことがうかがわれます。