ANAグループが支援を表明

ANAグループは9日、余剰人員を有効活用して医療用防護服の縫製支援案を検討していることを明かしました。この検討の背景には、新型コロナウイルスの影響で運休が相次いだことで、客室乗務員や空港職員およそ6400名に対して一時帰休(自宅待機)させているANAの事情があります。 新型コロナウイルスの感染拡大で、医療用品が全体的に不足していることを受け、ANAはこうしたグループ会社の余剰人員を導入して支援できないかと考えたようです。

政府が航空会社に支援を要請

世界で猛威をふるう新型コロナウイルスは、日本でも連日のように感染者を増やし続けています。医療現場では機材の不足が深刻化しつつありますが、医療品メーカーの製造が追いついていません。 梶山弘志経産相と加藤勝信厚生労働相は4月7日、そうした状況を改善すべく、経団連会長らとの会談で異業種への医療機材生産支援を要請しました。

ネット上では女性の多い客室乗務員が支援することに批判も

不足しがちな製造現場へ余剰人員を回すことは良い案ですが、その一方でネット上では批判の声も出ています。医療用防護服の縫製には専門スキルが必要なので、戦時徴用のようなやり方は時代錯誤だという批判です。